2014年  立春



虹のアトリエの扉


虹のアトリエの扉には毎朝、10時から10時半ぐらいの間に 虹がかかります。
今年は、毎日その時間にアトリエに居て、虹を眺め、制作中の絵を眺めるということを
元旦の計にしました。

今のところ、毎朝ほのかな虹をながめる幸せな時間と
作品をながめ、絵を描く時間を
日々の生活のなかで確保できています。

そのあと、雑事やパソコンに追われることになっても、
その満たされた一時があれば
今日という日を納得して終えることができる気がします。

昨年の暮れ、これまの人生で一番ひどかった風邪にかかりました。
寝ても寝ても眠気が取れず、頭はもうろうとして、一ヶ月ほどものを考える気になりませんでした。
今年中にあれもこれもやりとげなくてはという思いは捨てざるをえず、
捨てると、気持ちが楽になりました。
そんな中で、こんな言葉が浮かんできました。

怒りに認識を

思いに秩序を

生活にリズムを

思考停止状態なのに、なんでこんな言葉が浮かんでくるのだろうと思いつつ
これって、人智学そのものだと思いました。
残念ながら、私に欠けていることばかり。

せっかく出てきた言葉だから大切に受け止めて、一つぐらい実行しようと思いました。

私にとって一番むずかしいのはリズムある生活だと思いました。
そして、私が喜んで続けられそうなことは何かと初詣の道すがら考えました.。

書初めに「リズムある生活」と書きました。
それを窓に飾り、虹の時間を守るように心がけて」います。
それが、一つの軸になって、それ以外の時間と
私自身に作用しているように感じます。

今年いっぱいは続けることができますように。




 

posted by: love0802 | 2014年 ブログ | 21:58 | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:58 | - | - | - |