2013.3  にじみ絵教員養成講座 ベーシックコースを終えて


受講生よりの感想 

ベーシックコースを受講して、普段当たり前に目にしている色が、とても新鮮なものの様に感じられるようになりました。にじみ絵の時間はとても癒されました。

これまで、自分の内面を色で表すというようなカラーセラピー的癒しも体験したことがあるのですが、にじみ絵から得られる癒しはそれとは違っていて、色そのものが持っている大きな力に包まれて癒されていくという感じの癒しだったように思います。

コースで描いたそれぞれの色はそれぞれ違った性格をしていて、一つひとつの色には、それぞれが望む動きやリズム、重さや温度などが有るような気がしました。もちろんそれは私の中の私の感じ方なのかも知れないし、人それぞれの感じ方が有るだろうけれど、ただ単に私が勝手に感じていることでは無くて、もしかすると色そのものに生来備え付けられている性質に私が触れているのかもしれないという感覚を持ちました。そしてそれぞれの色の性質に喚起されて、私の心も動き回り、いつの間にか満たされて、自由になっていきました。それで癒されたのだと思います。



私は絵を描くのが好きで、暇さえあれば絵を描いていますが、以前にもまして色を美しいと思うようになりました。どうしてこんなにきれいなものがこの世界にはあるのかしら…なんて思うほど、色の世界は私にとって神々しくて神秘的な世界になりました。大げさな感じ方だけれど、そんな風に思って絵を描いていけるのは幸せだなと思います。

思い返せば、仕事に行き詰まり田中先生にヘルプを出した頃、私はにじみ絵を子供に教えるための方法を知りたいと言う気持ちでいっぱいでした。その事を当初先生にお話ししたとき、先生は「自分が色の世界に慣れ親しんできたら、その経験がにじみ出て、自然と子供たちにも伝えたいことが伝わると思う。」というようなことをおっしゃったと記憶しています。

今はその言葉が、そうなんだなと思うようになりました。こどもににじみ絵をどういう手順で教えようかとかプロセス云々も大切だけれど、それより私自身が色に親しみ、美しさや不思議だと思う体験を沢山した方がいいなと今は思います。そうすればこどもたちともっと色についての色んなことを共有したり、一緒に考えたり、発見したりすることも出来ると思いました。

にじみ絵講座を受講できて本当に良かったとおもいます。素晴らしい機会を作って下さり、本当にありがとうございました。では先生もお体に気をつけて下さいね。


コメント
にじみ絵教員養成講座での学びをこんな風に感じてくださって嬉しく思います。
しかし、にじみ絵の技法で描けば、誰でもこのように感じるとは思い込まないで下さい。

皆さんが描きながら色の動きや質を感じて頂けるよう、私はひそかに導いていたのです。
その配慮がなされず、ただペンキ塗りのように色を塗っている講座がけっこうあります。
外側だけ真似ても、内側は動かないのです。大人に伝える時には、特にそのことを心得て
おいてください。                                                                    
                                                     田中あづ紀

posted by: love0802 | にじみ絵教員養成講座  | 12:43 | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:43 | - | - | - |