スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
2011.8 白山の裾野を旅して
8月下旬、白山の裾野を旅した。
美しく、存在感のある白山には昔から心惹かれるものがあって、今回はその周辺のハイキングコースを歩いた。

先ずは白山スーパー林道から姥ヶ滝の沢へと降りて行った。
沢の水に手をつけてみると、かなり冷たかった。清らかで、とても勢いのある流れだった。
その沢には20メートルぐらい上から水しぶきをあげて流れ落ちてくる滝のほかに、あちこちから、山の地面を伝ってくる水が流れ込み、白く流れていた。
その躍動感に心打たれた。

「あー、本当の流れはこうなんだ。様々な所から自然に水が集まってきて、大きな流れとなり、しかるべき方向へと流れていくのだ。」

と思った。
あたりまえのことのようだけど、そのことに、改めて感動を覚え、川はただひたすら流れることで、大切な真理を伝えてくれているように感じた。

この沢は手取り川へと合流し、石川県の平野を潤して、日本海へと流れていく。
帰路その平野の一つ、福光という田園地帯を通った。
昔ながらの三角屋根の家が田んぼの緑とバランスよく点在し、絵のように美しかった。
稲穂はことのほか豊かに実っていて、嬉しかった。

最近、関西では水が少なくて干上がってしまった川や、濁って汚れてしまった川を目にすることが多い。
どうしたらあんなに豊に流れて行くことができるのだろう…と考えてしまった。
私の人生もあの川の流れのようでありたい。
川の流れと人生の流れが重なって、これからの自分の行く手を思うひと時だった。


posted by: love0802 | 2011年 ブログ | 12:13 | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - | - |