スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
2012.12 カラーセラピスト養成講座に学んで


今年、カラーセラピーをラピスアカデミーの花岡ふみよ先生に学びました。花岡先生は企業に対してカラー&イメージコンサルタントのお仕事をされてきた方です。また、イギリスでオーラ・ライト社のカラーセラピーを学ばれ、それに基づいた経験をふまえて、カラーセラピスト養成講座もされています。


私は30年前、ドイツのシュタイナー学校に飾られていたにじみ絵やヴェイル画に一目惚れして、そのつながりからゲーテやシュタイナーの色彩論を学んできたのですが、今日本ではやっているカラーセラピーとは違っている面があり、その違いや共通点を自分のなかで整理するためにも、色彩について改めて学んでみたいと思いました。ネットでラピスアカデミーを見つけ、説明会に行って初めて花岡先生にお会いした時のことを今もはっきり覚えています。

「私は絵を描いてきて、シュタイナーやゲーテの色彩論を中心に学んできたのですが、そろそろ学んできたことをまとめて、客観的に認められる資格を取れる講座を受けたいと思っています。」
というようなことを述べました。すると、即座に花岡先生はおっしゃいました。


                         花岡ふみよ先生


「あなたの関心に応えられるような講座は私どもにはありません。また今のところ、アートセラピー、カラーセラピーに関する国家資格もありません。どのスクールも独自の修了証を出しているだけです。もうそれだけ学んでこられたのですから、今さらその辺のカラーセラピー講座を受けて修了証を肩書きにするより、ご自分の学んでこられたことの詳細を明示して、教える側に立ってください。同世代でしょ、がんばりましょう!」
と励ましてくださったのです。そして、付け加えられました。
「シュタイナーの色彩論は一般的な色彩論を学んだ上での上級編として教えられるといいと思います。もし、今日本でどういうカラーセラピーがはやっているのかお知りになりたければ、私のところに来てください。その辺で教えている人より、私は色に関わる経験が長いですから。」

初めて訪ねた私に対して、こんなふうに真っすぐに実情を伝え、できることと、できないことを明確に言ってくださったのはすごいと思いました。

花岡先生の講座は半日で2万円1千円の他にテキスト代が別途必要で、とても高いと思ったのですが、この先生から学んでみたいと思わせる何かがありまた。

受講してみて、良かったと思いました。もし花岡先生に出会わなかったら、にじみ絵教員養成講座を始める勇気を持てなかったかもしれません。カラーセラピスト養成講座で語られたことは、すでにどこかで聞いたことが多かったのですが、先生の伝え方と他の受講生の受けとめ方に心を留めて聞いたので、私が色彩のメッセージを伝える際に役立ちました。

今年は先生がカラーコンサルティング業の「ラピス」を創業されてから20周年目にあたり、先月リッツカールトンでお祝いのパーティーがありました。私もお招きを受け、20周年を迎えての先生の思いを伺いたく、参加させて頂きました。

                田中あづ紀  リッツカールトン パーティーにて

一言でまとめると、「後に続く人達を育てるために、カラースタイルコンサルタント協会CSCAを創設し、20周年を新たな出発の年にしたい。」ということでした。企業と教育の違いはあれ、私達の世代が思うことは同じなのだと共感して拝聴しました。

私はこれまでも絵画クラスの仕事はしていたのですが、先生の講座を受講してからカラーセラピー講座を始めたので、今年プロデビューした人として表彰して頂きました。

これまで、沢山の方々の心と色のつながりを垣間見てきた経験をふまえて、これからはカラーセラピー的な立場からもお役にたてるよう、心がけていきたいと思います。



今回受講して思ったことは、一般的にはやっているカラー講座は色彩の現実生活との関わりを扱っていて、ゲーテやシュタイナーの色彩論は現実的な世界に留まらず、自然界・宇宙的な世界での色彩の本質を扱っているのだということです。どちらに親近感を覚えるかは人によって違うと思いますが、これからはそのことをふまえて、伝えていきたいと思います。

今後は色彩の世界も、宇宙的な側面がクローズアップしてくると思うのですが・・・さてどうなっていくのでしょうか。

 

 

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 23:10 | - | - | - |
 2012.11  虹のアトリエがインタヴューされました!

 虹のアトリエがみんなのNPOサロンでインタヴューされました。
下記日程でFMひらかたの放送がありますので、お時間のある方
聞いてみて下さい。感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。


放送日  11月17日(土) AM9:30〜10:00

再放送  11月18日(日) PM10:00〜10:30


FMひらかたは受信しにくいのですが、ラジオ放送と同じ時間に
FMひらかたのホームページから次の手順でお聞き頂けます。

 。藤佑劼蕕たのHPを開く
◆。硲个両綢Δ離瓮縫紂爾痢屮優奪肇薀献」をクリックする
 近畿「FMひらかた」を探す
  FMひらかたのロゴの横にある「放送を聴く」をクリック



収録が終わってから、「あっ、何を大切にしておられるのか聞きそびれちゃった.。」と言われてしまいました。そこで、ブログで少し補足させていただきます。


今、多くの色学び講座がありますが、その多くは色の特性の定義づけをひたすら聞いて学ぶというスタイルが多いのです。しかも、日本ではカラーセラピスト短期養成講座がはやっていて、2時間で12色の解説をひたすら聞くだけという講座もあります。

たとえば、赤はエネルギー、情熱を表す色で、プラスのメッセージとしては元気、活力があり、積極的な状態を表し、マイナスメッセージとしてはイライラしていて攻撃的な状態というように…。

しかし、言葉で聞いているだけでは自らのイメージが追いついていきません。

実際に赤を描いて、自分が赤に向き合った時にどんな感じがするか、自分は赤い色の特性のどんな側面に共感できるのか、あるいは苦手と感じるのか、自分自身と対話するような気持ちで一つひとつの色を描き、その実感を蓄積していくことが大切だと思っています。

それは自分自身への気づきの体験でもあります。

また、その体験を他者と共有することで、ある色に対して、自分には無かった感じ方にも触れ、客観的なイメージへとまとめていくというプロセスをとても大切にしています。

色彩は心にはたらきかけるものなので、知識として学ぶだけではあまり役に立ちまん。

ですから色彩心理を学ぶ時、その色をイメージしたり、描いたりして、ご自身がどのように感じられるのか、その実感からスタートすることをとても大事いにしています。

また、せっかくの印象が余韻と共に心に残るように、、毎回一色だけをとりあげるという、ゆったりしたペースも大切にしています。


 

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 12:04 | - | - | - |
2012.10  シュタイナー芸術展に出品


去る9月21日(金)〜23日(日)、大阪のドーンセンター パーフォーマンススペースにてシュタイナー芸術展が行われました。

美術教員の長尾さんのお声がけにより、関西はもとより日本各地でご活躍の方々の作品、京田辺シュタイナー学校の高等部生徒の作品などが展示されました。また、村上さんによるライヤー演奏、諏訪さんによる言語造形、鈴木さんによるオイリュトミーなどのパーフォーマンスがあり、最後はアンカヴァーリングヴォイスを学んでおられるグループの歌唱でしめくくられ、良い集いとなりました。




昨年の夏、シュタイナー美術教員養成講座の合宿で長尾さんから出品依頼があった時、シュタイナー芸術に関わる方々が手をつないで1つのことに取組むだけでも画期的なことだと思い、すぐに賛同しました。しかし、顔を合わせたことも無いメンバーがメールのやりとりだけで打ち合わせをして進めていくやり方で、最初はどうなることかと思いました。でも、長尾さんの熱心な思いと参加メンバーの力量が相俟って、初めてとしてはうまくいったと思います。

私は会場で、美術教育にたずさわっている方から熱心な質問を受け、やはり求めている人はいらっしゃるのだと思いました。これから後に続く人達への窓を開くという意味でも、こういう場は必要だと思いました。ただ、シュタイナー芸術の真髄は一見しただけでは解りにくいので、何をどう伝えていくのか、これからの課題だと思いました。



左 「紅ばら白ばら」/右 「インスピレーション」  自作の前にて 田中あづ紀
 

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 11:44 | - | - | - |
2012.9 オーロラを見てきました
この9月、12年ぶりにアラスカに行ってオーロラを見てきました。

前回行ったのは一月だったので、ホカロンもきかなくなる、マイナス30度の寒さを体験しました。そして、家々の煙突から出てくる煙が瞬時に凍って様々な形となり、雲のように浮いている風景が印象的でした。その時見たオーロラにはとても魅了され、帰国後しばらくはオーロラの絵ばかり描いていました。

今年、来年とまたオーロラの動きが活発になると聞いて、ずっとオーロラメイトを探していました。すると不思議なご縁でいっしょに行ってくださる方が見つかり、今度はさほど寒くなく、秋の黄葉も楽しめる9月に旅立つことにしました。日本ではオーロラというと真冬に見えるもの、というイメージがあるのですが、太陽風の動きは春分と秋分のあたりに活発になり、それにともなってオーロラも見える確立が高くなるそうです。が、オーロラが見えるためには空が晴れていることが絶対条件で、お天気に恵まれるかどうかが運の分かれ道となります。

私たちは晴れ女なのですが、なんと出発の日、日本はかんかん照りのお天気なのに、着陸先のアンカレッジ空港が大嵐のため、日本出発の時刻が4時間も遅れるというハプニングのスタートでした。
しかし、アンカレッジに着く頃には嵐は去り、降り立てばあたり一面、白樺の黄葉につつまれ、日本での11月半ば頃の気温でした。


オーロラ観測一日目の夜はお天気に恵まれ、南の空から晴れてきて、しだいに大粒の星が見えるようになり、北の星座が見え、天の川やスバルのまたたきもはっきり見えました。
深夜になって山の端にたなびく雲のように現れたオーロラの兆しは、やがて壮大な弧の片鱗であるかのような形に変わりました。だんだん輝くグリーンの色もはっきりしてきて、北極を取り巻くはてしないスケールのほんの一部を見ているのだという実感が湧きました。



しばらくその状態が続いた後、オーロラはゆっくりと天に向かって昇っていきました。まるでぬらした紙に絵具がにじんでいく様で、にじみ絵のプロセスを見ているようでした。そんなふうにオーロラが揺れだすと、ある一点から一揆にオーロラが立ち昇り、大空いっぱいに広がってグリーンに輝きました。
この日のオーロラは長くは続きませんでしたが、肉眼ではっきり見ることができました。 
二日目は雨で見れず、三日目に見た不思議なオーロラについては会った方にお話したいとお思います。
このオーロラの写真は、旅でお知り合いになったカメラマンの山本公弘氏に提供して頂きました。


                                         以下、私が撮影したアラスカの風景です




自家用セスナ専用の川の滑走路 (アンカレッジ市内)




氷河  海に流れ込む川がそのまま凍りついた感じ



アラスカ山脈とツンドラ  (デナリ国立公園にて)




おとぎの国のようなフェアバンクスの町



赤信号と一方通行の表示  日本もこんな風にネオンつきにしてほしい



チェナホット温泉   ここで、オーロラの観測ができるのです



アラスカではよく見かける “ムース”  これは角が無いのでメスです。



チェナ温泉は源泉が70℃  地熱のおかげで川も大地もかなり暖かいのです



アラスカの空  スプルースが天を突くように伸びています

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 18:56 | - | - | - |
2012.8 虹のアトリエをNPOグループに登録


この夏は虹のアトリエの今後のことについて、いろいろと考えました。
そして、決めたことは子どもやお母さんを対象とする企画に関しては市民活動として展開していくことです。

ここ5年で子どもをとりまく文化環境がずいぶん変わり、人と人とのつながり方も変わってきて、今までどおりにやっていて、今までどおりには運ばないことが多々あります。

これまでどおり、シュタイナー教育の視座、子ども達との心のつながりや、厳選した良い絵具、素材を使ってやっていくというポリシーは持ちつつ、社会に目を向け、共感できる方々とつながっていきたいという思いが生まれてきました。

にじみ絵教員養成講座 アドバイザーの宇津木さん、林さんともミーティングを持ち、にじみ絵教員養成講座を一般の幼稚園・保育園の先生方に知らせていきたいという思いで一致しました。この講座もNPO活動に入れ込むかどうかは決めかねているのですが、今の段階でこの講座を虹のアトリエから独立させなくてもいいということになりました。

新たに、にじみ絵教員養成講座ベーシックコースの後期生を募集し、またカラーセラピーの講座も企画して、来年1月から開講予定のにじみ絵教員養成講座アドバンスコースの実現に向けていきたいと思います。

それに伴い、広報やHPに関する仕事が増え、事務の面で助けて下さる方が、どうしても必要になってきました。お手伝いいただける方はご一報くださいませ。お礼に関しては相談の上決めさせていただきます。
(Tel&FaX 072−840−7727)


*NPOぐるーぷ 虹のアトリエ 活動目的
  
  
子ども達が楽しく、こころ豊に育っていくこと  
  
  子どもが成長するために必要な、アートの体験・役割について伝えていく 
   
  未来を担う子ども達に、“人”として大切なことを伝えていく  
    
         〔   自分を感じる力・ 創意工夫する能力・ 他者の良さを学ぶ心  〕

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 15:36 | - | - | - |
2012.7  夏休みクラフト 参加者募集中!

虹のアトリエ 夏休みクラフト    対象 小学生と保護者
    
    大人も楽しんでいただける内容ですので、お母さんも一緒にお楽しみ下さい。
    作品例はイメージ写真です。


   デコレーション ワックス

   ガラスに透明な色ねんどで模様をつけます。
   花びん、小瓶など。
  

   8月8日(水)  AM10:00〜12:00
  
   会費  1人 2000円 (材料費込み)
   定員  6名

 

あかね染め

天然のあかね染料を使って、ハンカチや
コースター、シルクスカーフを染めます。

8月1日(水)  AM10:00〜12:30

会費  1人  2000円
材料費 染め布代は実費
定員 5人

                                  


   マラカス作り

      ひょうたんの中に、色んなものを入れて、
   どんな音が出るか楽しんでみましょう。
   仕上げに模様をつけてできあがり。

   8月17日(金)  AM10:00〜12:30
   会費 1人  2000円 (材料費込み)  
   定員  6人
  





会場は枚方市立御殿山生涯学習美術センター、もしくは虹のアトリエになります。
いずれも京阪電車御殿山駅より徒歩10分の場所です。(枚方市上野1丁目)

虹のアトリエのお問い合わせフォーム、またはTEL・FAX 072−840−7727からお申込みください。
各クラスとも、最低催行人数は3人です。締め切りは3日前まで。
   




                                 

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 12:30 | - | - | - |
2012.6  夏休みにじみ絵体験講座ご案内

テーマ  −アートでコミュニケーションー 

シュタイナー教育で取り入れられているにじみ絵(水彩画)の技法により、
色彩によるコミュニケーションを体験してみませんか。
8月はにじみ絵教員養成講座の土・日クラスと火曜日クラスの合同で行います。
今回だけの参加もできますので、にじみ絵をしてみたい方、お問い合わせください。


日時  8月26日(日) AM10:30〜12:30

対象    大人 定員 16人 

講師    田中あづ紀

場 所   枚方市立御殿山生涯学習美術センター 創作室1 
       (京阪電車 御殿山駅より徒歩5分)

参加費   2000円 お申込後、下記へお振込み下さい。

        ゆうちょ銀行 虹のアトリエ出版 14120 92549061 

持 物   筆ふきタオル・筆洗い・B4サイズの袋(画材は用意します。)

主 催   にじみ絵教員養成講座

申込・問い合わせ先  田中あづ紀(虹のアトリエ) Tel/fax 072−840−7727
               虹のアトリエお問い合わせフォームもご利用下さい。

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 14:24 | - | - | - |
2012.5 思いつづけるということ

 一つのことを、実現しそうになくても思いつづける、何年も何年も思いつづける・・・、これは私の特技のようです。めまぐるしく変化する今の時代は、可能性が見込めなければすぐに路線を変えるのが普通かもしれませんが、すぐには実現しそうにないけど、大切なことは沢山あると思います。

できそうにないことに固執してもしかたがありませんが、いつか実現するために、できそうなところから始める、可能になるように持っていくという試みは必要だと思います。時としてそれは徒労に終わり、ひどく消耗することになります。

しかし、その思いが純粋で、必要とされることなら、それが実現するチャンスとか、その実現を応援してくれる人が必ず現れてくるものです。それは人と人の不思議なつながりに導かれています。人生、どこでどう人の縁がつながっていくのかわからないものだと、いつも思います。


        
          ・・・われらに要るものは銀河を包む透明な意志 大きな巨きな力と熱である・・・
  
                               宮沢賢治

今回、にじみ絵教員養成講座を始めることができたことも、この機に虹のアトリエのホームページを整えることができたのも、この流れの中で実現しているように思います。目にみえない存在の支援もあるように感じられます。そういう時は思った以上により良く実現していくものです。

この流れが大きくなって、子ども達に豊な色の世界を伝えていくことができるよう、心から願っています。そして、この思いに賛同してくださる方と出会えるように、私も心と思考の枠組みを広げていきたいと思います。

 

 

posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 20:01 | - | - | - |
2012.4  にじみ絵教員養成講座 いよいよスタート


     にじみ絵教員養成講座 火曜日午前クラスを 6月5日より開講!


この講座は我が子とにじみ絵を楽しみたいとおっしゃったお母さん方のために、体系的な色彩体験ができるように企画したものでした。
単にご自分の楽しみに終わらず、にじみ絵を近所の子ども達やお知り合いの方と楽しんで頂き、子ども達の中に豊かな色の世界が広がっていくようにと願って、にじみ絵教員養成講座と名づけました。

虹のアトリエにて
続きを読む >>
posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 19:55 | - | - | - |
2012.3   エフエムひらかたに出演して…


放送予定             
    1回目    3月 5日(月) 再放送 3月 9日(金)
    2回目      3月12日(月) 再放送 3月16日(金)
    3回目      3月19日(月) 再放送 3月23日(金)
    4回目      3月26日(月) 再放送 3月30日(金)

ワンマンショーは月曜日はPM 3:45〜4:00 金曜日はPM 9:45〜10:00の放送です。エフエムひらかたの周波数は779ヘルツです。メディアプレーヤーをインストールされていれば、インターネットでエフエムひらかたのホームページから聞いて頂けます。

生まれてはじめてのスタジオ録音、緊張しました。でも、人の前で話すより、自分の世界に入りやすかったように思います。一回目にお話したことを少しだけご紹介します。

 


続きを読む >>
posted by: love0802 | 2012年 ブログ | 11:49 | - | - | - |